免疫修飾

ほとんどの国が成長促進目的の抗菌性物質の使用を制限しているのは、環境と食品の安全性に関する懸念があるからです。抗菌性物質を含まない健康的な食品に対する消費者の関心が、特に先進国で高まりつつあることから、世界の食料供給の安全性を確保するための革新的な製品が求められています。

しかし、このような要求は、継続的な収益の低下、さらには疾病、栄養効率、FCRおよび環境への影響といった生産者の懸念のため、現代の養殖業における課題を大きくしています。

そこで、酵母派生物などの免疫修飾物質が、養殖水産動物の疾患予防に役立つ可能性があるサプリメントとして有望視されるようになってきました。これらの物質は、周辺環境内に存在する日和見病原体に対する宿主の防御メカニズムを調節することにより疾患抵抗性を増強します。バイオミンが新たに開発した自己消化酵母製品であるLevabon® Aquagrow Eは、非特異的な防御メカニズムを強化することにより、感染性疾患に対する抵抗性を増強します。

Levabon® Aquagrow Eで得られる主な利益

  • 免疫発達の促進
  • ストレス抵抗性の増強
  • バランスの良い完全な状態の腸管

製品

Levabon® Aquagrow E

Levabon® Aquagrow Eは、水産養殖用の機能的かつ栄養価の高い製品です。

必須アミノ酸、ペプチド、細胞壁炭水化物、ヌクレオチド、ビタミンB群などの生物活性成分や栄養素を豊富に含む酵母製品です。

もっと読む

このトピックに関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。