腸管の健康管理

養殖業は、世界的な要求水準を満たす高品質の産物を提供するだけでなく、生産性をより高いレベルで達成しなければならないという課題に直面しています。飼料から発育への変換は、動物の消化器系の中で始まるプロセスです。そのため、動物の健康状態とその消化管の機能性は、養殖業者の収益に直接関わってきます。水域環境には微生物が豊富に存在し、宿主と微生物が同じ生態系を共有しています。

周囲に存在する細菌は、飼料とともに、または、飲水時に絶えず宿主に摂取されるため、宿主内で周辺環境内と腸管環境内の微生物叢が自然に相互作用するようになります。外から入ってくる細菌数が一定レベルを超えると、宿主が独力では自身を十分に防御できなくなるため、動物の健康が危険にさらされます。

畜産業や養殖業における動物の発育を最大限に発揮させる能力は、多くのエネルギー損失させて発育に悪影響を与える細菌に常に脅かされています。ヒトの健康と環境への影響のために成長促進目的の抗菌性物質の使用が制限されている現在、酸性化物質の利用は、養殖業で高度な生産性を達成するための、安全で、環境に優しく、持続可能な代替手段となります。

酸性化製剤のBiotronic®は、飼料と消化管の両方を標的にしています。有機酸は解離して陽子を放出する傾向があり、環境のpHと緩衝能を低下させます。飼料のpHが低下すると、病原性細菌の増殖が抑えられます。

また、低pHの飼料は、胃内の低pHを補ってペプシンと膵酵素を活性化し、ミネラルのキレート化を助けます。さらに、解離していない有機酸は、グラム陰性菌の細胞膜を透過して菌の代謝を中断させることにより、強力な殺菌作用を示します。

10年以上前と比べて、今日では魚類の腸内細菌叢の重要性に対する理解が深まっています。細菌叢の健康という新しい概念も生まれていて、これは養殖水産動物の腸管健康と能力に対する細菌叢の重要性を強調するものです。

その結果、腸内細菌の複雑な生態が、栄養面での利益と病原体に対する防御の両方を提供していること、および環境との相互作用を調節して有益な免疫応答を生じさせる上で重要な役割を果たしていることを示す証拠が増えつつあります。AquaStar®製品シリーズも魚やエビの腸管健康に役立つことができ、それによって腸管健康を良好に保って、結果的に生産性と生産効率を高めることができます。

製品

Biotronic®

Biotronic®

Biotronic®シリーズは、有機酸、無機酸およびその塩類を厳選して配合し、pHの低下作用および緩衝作用により、サルモネラ菌や大腸菌などのグラム陰性菌をコントロールして飼料および飲水の衛生状態を正常に保ちます。Biotronic®は、家きん、豚、子牛および魚用の飼料にお使いいただけます。

もっと読む

AquaStar®

AquaStar®は、複数のプロバイオティクスを配合した養殖水産動物専用の製品です。優れたプロバイオティクス作用および生物学的分解能を持つ厳選した菌株を含有しています。

もっと読む

このトピックに関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。