カビ毒(マイコトキシン)

カビ毒は豚の様々な臓器や組織を標的にしていますが、主な標的は、肝臓、腸管、腎臓および免疫組織です。カビ毒に侵されると、豚の発育が低下し、病原微生物に対する感受性が高まります。豚の中毒症状が顕在化することはほとんどありませんが、ワクチンや抗生物質に対する感受性が低下した虚弱豚にはカビ毒が影響しているかもしれません。

特に注意すべき点は、例えば、豚丹毒菌、大腸菌(E.coli)、サルモネラ菌、インフルエンザウイルス、パスツレラ菌およびレンサ球菌による日和見感染症です。これらの疾病は、ストレスによる刺激が引き金となって発症します。カビ毒はこのような感染症を発症させるための要因になりうることが示されています。

Effects of Mycotoxins in Pigs

製品

Mycofix®

Mycofix®

Mycofix®シリーズは、飼料中のカビ毒(マイコトキシン)を不活性化することで家畜・家きんの健康を守るために特別に開発されたカビ毒対策資材です。Mycofix®は、家きん、豚、反すう家畜、養殖魚およびエビの飼料用としてお使いいただけます。

もっと読む

このトピックに関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せください。