飼料と飲水の衛生管理

衛生管理とは、畜産物の生産を確実な成功に導くために重要な多くの要素を含んだ概念です。通常、飼料と飲水は、大腸菌やサルモネラ菌などの潜在的な病原微生物を含む細菌に汚染されています。

酸性化と適切な担体は、腸管のpHの適正化を可能にします。pHを低く安定させることは、腸管が本来持っている病原微生物に対する排除能力を高め、消化を助けて栄養素の吸収性を高める善玉菌の増殖を促進します。この中で、二つ目の効果は特に母豚にあてはまります。

胃のpHが不安定で、消化管がまだ成熟していない子豚では、飼料の酸性化は、消化管に侵入した病原微生物に対する防御力を強化する手助けをします。

製品

Biotronic®

Biotronic®

Biotronic®シリーズは、有機酸、無機酸およびその塩類を厳選して配合し、pHの低下作用および緩衝作用により、サルモネラ菌や大腸菌などのグラム陰性菌をコントロールして飼料および飲水の衛生状態を正常に保ちます。Biotronic®は、家きん、豚、子牛および魚用の飼料にお使いいただけます。

もっと読む

このトピックに関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せください。