飼料効率

穀物価格や豚肉価格の変動は、養豚ビジネスの収益性に強く影響します。飼料効率は、収益性の鍵になるだけではなく、地球上にある穀類やタンパク質を持続的に利用するための鍵となります。飼料効率を向上させることは、栄養素の消化率の向上、腸管の健康状態の増進、および糞尿排泄量の減少を意味しています。

飼料効率には、飼養管理、豚舎環境、性別、遺伝性質および栄養などの多くの因子が影響します。バイオミンは、栄養学的な知識に基づいて栄養素の消化率を高めることが十分に証明された製品群を通じて、飼料効率の向上に寄与しています。

製品

Digestarom®

Digestarom®

Digestarom®は、消化性と飼料効率を向上させるために、呈味成分と生物活性成分を組み合わせて特別に設計したユニークな製品です。Digestarom®は、家きん、豚、反すう家畜、魚およびエビ用の飼料と、ペットフードにお使いいただけます。

もっと読む

Biotronic®

Biotronic®

Biotronic®シリーズは、有機酸、無機酸およびその塩類を厳選して配合し、pHの低下作用および緩衝作用により、サルモネラ菌や大腸菌などのグラム陰性菌をコントロールして飼料および飲水の衛生状態を正常に保ちます。Biotronic®は、家きん、豚、子牛および魚用の飼料にお使いいただけます。

もっと読む

このトピックに関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せください。