グラム陰性菌の制御

腸内のグラム陰性菌の増加は、敷料の水分含量の増加につながる下痢や腸内の炎症を引き起こすことがあります。これらは、増体率と飼料効率の両面から、ブロイラーの飼育成績に悪影響を及ぼします。また、採卵鶏や種鶏でも、産卵数の減少や、汚染卵の増加による販売可能な鶏卵数の減少などの損失が生じます。

農場におけるグラム陰性菌関連の問題は、不適切な飼育管理と換気不良により鶏舎内湿度が高まり、その結果として敷料が高水分となったことに起因することがあります。この問題には、汚染された飼料原料や防疫対策の不足などの飼料と飲水の品質も関係します。

グラム陰性菌感染の影響を低減するためには、防疫体制を改善し、適正な飼養管理法を確立して、これらを順守することが重要な出発点となります。採卵鶏や種鶏農家では、汚染卵の発生につながる下痢が実際の経済的損失となります。

製品

Biotronic®

Biotronic®

Biotronic®シリーズは、有機酸、無機酸およびその塩類を厳選して配合し、pHの低下作用および緩衝作用により、サルモネラ菌や大腸菌などのグラム陰性菌をコントロールして飼料および飲水の衛生状態を正常に保ちます。Biotronic®は、家きん、豚、子牛および魚用の飼料にお使いいただけます。

もっと読む

Mycofix®

Mycofix®

Mycofix®シリーズは、飼料中のカビ毒(マイコトキシン)を不活性化することで家畜・家きんの健康を守るために特別に開発されたカビ毒対策資材です。Mycofix®は、家きん、豚、反すう家畜、養殖魚およびエビの飼料用としてお使いいただけます。

もっと読む

PoultryStar®

PoultryStar®

PoultryStar®は、様々な家きんに使用できるシンバイオティクス製品で、厳選したプロバイオティクスおよびプレバイオティクス(フラクトオリゴ糖)の作用を組み合わせることで腸内の善玉菌の増殖を促進します。

もっと読む

このトピックに関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せください。