卵の品質と孵化率

卵殻質は、種卵にとっても食卓卵にとっても経済上に重要な要素です。オクラトキシンAなどの一部のカビ毒は、ビタミンD3の産生を妨害して腎機能を低下させ、結果的にカルシウム代謝の異常を引き起こすことがあります。これは卵殻質の低下につながり、ひび割れが増えたり孵化率が低下したりします。その他のカビ毒も、種卵の受精率や孵化率に影響することがあります。

伝染性気管支炎のようなウイルス性疾患も、卵殻質に大きく影響することがあります。

カルシウムの適正な粒径とバランスのとれた飼料中のカルシウム/有効リン比(Ca/AvP)を維持するといった栄養戦略は、卵殻質を良好にする手助けとなります。

製品

Digestarom®

Digestarom®

Digestarom®は、消化性と飼料効率を向上させるために、呈味成分と生物活性成分を組み合わせて特別に設計したユニークな製品です。Digestarom®は、家きん、豚、反すう家畜、魚およびエビ用の飼料と、ペットフードにお使いいただけます。

もっと読む

Mycofix®

Mycofix®

Mycofix®シリーズは、飼料中のカビ毒(マイコトキシン)を不活性化することで家畜・家きんの健康を守るために特別に開発されたカビ毒対策資材です。Mycofix®は、家きん、豚、反すう家畜、養殖魚およびエビの飼料用としてお使いいただけます。

もっと読む

このトピックに関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せください。