腸管の健康状態と飼育成績

家禽において、腸管の健康状態に伴う飼育成績には、多くの要因が影響します。カビ毒を始めとする非栄養因子が原因の腸管の健康低下には、飼料の組成や成分が大きな役割を果たします。

水質と飼料組成の影響が組み合わさると、腸管の健康状態と飼育成績に対する影響がさらに大きくなります。飼料や飲水が細菌により汚染されると、腸管を傷つけて腸内の炎症反応を引き起こすことがあり、摂取した飼料が腸管内を通過するために必要なエネルギー量が増加し、消化管通過時間が短くなります。これは、栄養素の利用性を低下させます。

腸管の健康状態が低下すると、結果的に下痢が起こりやすくなります。下痢は、ブロイラーや七面鳥の接触性皮膚炎(FPD)を発生させる敷料の水分含量の増加につながったり、採卵鶏では商品価値が低下する汚染卵の発生を増加させることもあります。

製品

PoultryStar®

PoultryStar®

PoultryStar®は、様々な家きんに使用できるシンバイオティクス製品で、厳選したプロバイオティクスおよびプレバイオティクス(フラクトオリゴ糖)の作用を組み合わせることで腸内の善玉菌の増殖を促進します。

もっと読む

Mycofix®

Mycofix®

Mycofix®シリーズは、飼料中のカビ毒(マイコトキシン)を不活性化することで家畜・家きんの健康を守るために特別に開発されたカビ毒対策資材です。Mycofix®は、家きん、豚、反すう家畜、養殖魚およびエビの飼料用としてお使いいただけます。

もっと読む

Digestarom®

Digestarom®

Digestarom®は、消化性と飼料効率を向上させるために、呈味成分と生物活性成分を組み合わせて特別に設計したユニークな製品です。Digestarom®は、家きん、豚、反すう家畜、魚およびエビ用の飼料と、ペットフードにお使いいただけます。

もっと読む

このトピックに関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せください。